Archive for 12月, 2013

2013-12-07 63回 Cocoa勉強会(関東)のレポート

会場は松戸シティホテルSENDAN-YAの貸し会議室。
参加者は13名(うち見学2名)でした。

「ドキュメントベースアプリをTab化する」Mac

前回のマルチウィンドウの続き。SafariやFinderのようなタブを持ったアプリの設計について。
PSMTabBarControlを使ってTab化する。

  • ドキュメントベースでないアプリのタブ化
  • ドキュメントベースのアプリのタブ化

をデモをしながら実装例を示した。

「Xcode Server みんなで使ってみる」Xcode

Xcode Serverでできること。

  • プロジェクト統合、アーカイブ
  • Git, Subversionのリポジトリサーバ
  • 複数のiOSデバイスの実機での自動テスト

単純にプライベートリポジトリとしてもサービス契約するよりも、OSX Serverの方が安価(買切り2,000円)というメリット。

Xcode Serverの

  • リポジトリサーバ
  • 継続的インテグレーション(CI) (Xcode Serverでは”Bot”が動いてテストを実行する)

のハンズオンを参加者で実施。→ネットワーク環境やサーバのディスク容量の問題などであまりうまくいかず。
(質疑応答など)

  • Q.コードでなくプロジェクトファイル(.xcodeproj)の修正のマージって問題起きがちだけど、みんなどうしてる?
  • A.関係者に「マージするよー」など周知するなどで対応。.XIBのマージも失敗するとかなり大変。

「iOS向けのフレームワーク化に挑戦」iOS

MacのようにiOS用の.frameworkを作成する手順について。

  • .frameworkの配置になるようシェルスクリプト等で作成
  • ライブラリの実体を静的ライブラリにする。

(質疑応答など)

  • stringsファイルはビルド時にアプリにコピーが必要(そのようにビルドするようにする)
  • アプリ側のコンパイル時に-objcが必要なので注意

「iOSアプリのデジタル署名」iOS

受託開発でストアへの提出を顧客にやってもらうケースでは、通常はプロジェクトファイルを納品して先方でXcode上で署名等を実施してもらうことが多い。けれど今回はそうではなく、

  1. ビルド済み未署名のアプリを納品
  2. 納品先で署名しストアに提出する

という形式にしたいことがあり、そのときにどのようにしたらよいかという話。

Xcodeの動作を調べて、どのような作業をしたらよいかをリストアップ。手順上どういった課題があるかをまとめた。

codesignコマンドについてはTN2206 Mac OS X Code Signing In Depthに詳しい。SHA1または”通称”で署名を指定する。

「Neerby Networking Multipeer Connectivity」iOS

iOS7からの機能。WIFIまたはBluetoothでデバイス間通信ができる。

  • Bonjourのようにサービスタイプの名前で接続する。
  • Gamekitと異なり、別アプリ間でも接続できる。
  • データ型などはないので、通信データの解釈はアプリで行う。

iPhone, iPad計3台でチャットアプリをデモ。

(質疑応答など)

  • Q. Mac上のシミュレータ上でも動く?
  • A. ダメ。実機が必要。

次回の予定

2/8(土)に新宿で開催します。

(reporter: kimuraw)

Categories
Bookmarks